文字サイズ

  • 標準
  • 特大

色変更

  • 標準

くろたんとチョコくろたんエピソード

くろたん師匠と弟子のチョコくろたんです!

奈良の真ん中にある「黒滝村」は97%が森林の村。その山々と木々たちを守るために「くろたん師匠」は日々、山々を駆け回ってパトロールしていました。
「森林を守ることは地球環境を守ること」と世界で注目されるようになった昨今、チョコレート色のウリボウでチョコチョコ走り回る「チョコくろたん」が弟子になりたいとやって来ました。
もっと広く森林を守りたいと考えていた「くろたん師匠」は「二人で力を合わせて森林を守っていこう!」と決意しました。
そして「チョコくろたん」に黒滝村の歴史と山々や森林のことをしっかり理解してもらうために特訓を開始することにしました。

まずは黒滝村の歴史を学ぼう

「くろたん師匠」はまず、黒滝村の歴史を説明しました。

黒滝村は600年代の昔から、山岳修行者やってきて、山を切り開いて神社仏閣を建て修行に励んできた長い歴史があるのだ。

神仏に見守られながら時を刻んできたから、森林も河も大地も大きな力を秘めているのだよ。

それでは「森林」のことを学ぼう

続いて「森林」の説明をしました。

森林はココロにチカラを与えてくれる。
そして「動じないココロ」を作ってくれるのだよ。
長い歴史の中で、静かに力を蓄えて生き続けているのだよ。だから、この森林をしっかり守って未来につなげていかなければならないのだ。
わかるかな?

では黒滝村を巡ろう!GO!

それでは黒滝村の神社仏閣、山々のパトロールに出発!

ちょっとひと休みのお茶時間

ちょっとひと休み、

「チョコくろたん」が森林で集めた「木の実」を背負った風呂敷に入れて運んできたので、それを広げて食べながらのお茶時間です。