文字サイズ

  • 標準
  • 特大

色変更

  • 標準

特定個人情報保護評価について

特定個人情報(マイナンバーを含む個人情報)を保有する実施機関が、プライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するものです。

特定個人情報保護評価に関するより詳しい内容は、下記の内閣官房及び特定個人情報保護委員会のホームページをご覧ください。

○ 内閣官房ホームページ
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

○ 特定個人情報保護委員会ホームページ
http://www.ppc.go.jp/enforcement/assessment/

特定個人情報保護評価の目的

1.番号制度に対する懸念(国家による個人情報の一元管理、特定個人情報の不正追跡・突合、財産その他の被害等)を踏まえた制度上の保護措置の一つです。
2.事前対応による個人のプライバシー等の権利利益の侵害の未然防止及び国民・住民の信頼の確保を目的としています。

評価書の公表

特定個人情報保護評価ではマイナンバーを利用する各事務のシステム準備時期に合わせて評価書を順次作成し、公表することが義務付けられています。このページでは、その評価書を順次公表いたします。 

評価番号 事務の名称 評価書
1 固定資産税関係事務 基礎項目評価書
2 住民基本台帳事務 基礎項目評価書
3 個人住民税関係事務 基礎項目評価書

マイナンバー制度連絡先

このページの内容に関するお問い合わせ先

黒滝村役場 住民生活課
〒638-0292 奈良県吉野郡黒滝村大字寺戸77番地
TEL:0747-62-2031 FAX:0747-62-2569
お問い合わせフォーム