文字サイズ

  • 標準
  • 特大

色変更

  • 標準

森林の村 黒滝

約400年前から続く植林によって大切に育てられた美しい杉と桧の村

森林の力を知る。森林を守り育てる。

黒滝村と林業

林業

「林業の村」と言われるほど、豊かな森林に囲まれている黒滝村。はるか昔から、林業とともに発展してきました。森林の恵みがあるからこそ、今の私たちがあるのです。

黒滝村 面  積 47.70ha
    森林面積 44.66ha(内人工林 約90%)

吉野林業・吉野材の特徴

黒滝村の森林

約400年前から、黒滝村では伐採した跡地に杉や桧を植林してきました。また付加価値を高めるため、さまざまな手入れがされており、吉野杉は日本3大美林として有名です。早くから植林が行われてきたため、村の森林のうち実に9割が人工林となっており、黒滝村は杉と桧の村といえるでしょう。

「森林の村黒滝」 パンフレット

森の森林度グラフ

吉野杉とは

吉野郡の中でも主に東吉野村、川上村、そして黒滝村で産出される杉が吉野杉として特に珍重されてきました。木目の均一さや濃い桜を思わせるような赤身、無節の材は、高級建築材として使用されてきました。また、時代をさかのぼれば樽丸(酒樽やみそ樽などの原材)として日本各地に出荷されていました。

吉野杉生産マップ

吉野林業の特徴

借地林制度

木材生産の利益が低く、村外の商業資本に依存するしかなかった元禄年間(1688年~1704年)に始まった、自身の生活を守るために土地の所有権と使用収益権を分離する制度です。

山守制度

離れた土地から山林の経営監督が難しいことから、村外所有者が山林所在の地域住民の中から信用のある者を選んで、山守として保護管理を委託する制度。明治末期以降から採用され始めました。

密植

一般的には1ha当たり3,000本程度を植林しますが、吉野地方では1ha当たり8,000本程度植林しています。幹を太らせずに高さを伸ばすことができ、年輪幅が密で均一な強い材となるのです。

「吉野林業」概要パンフレット(奈良県HPリンク)

大極殿の柱

平城京大極殿に使用された黒滝村産の桧

林業等支援

間伐材運搬経費補助金について

間伐材や災害被害木を県森林組合連合会(吉野町林業機械化センター)やITO(村指定の出荷地)への運搬を森林組合に委託するもの。【補助内容 間伐材等の小径木出材に係るトラック運搬に係る経費補助】

集落周辺環境整備事業補助金について

民家等、住居に供されている建物付近に植林された概ね30m以内または、道路沿等に植林された概ね10m以内の山林等の立木について、住環境整備を目的として、森林組合作業班により伐採を進める。ただし、立木については、無償提供を原則として、民家等の所有者と同一の山林等所有者による申出があった場合、若しくは民家等の所有者と山林等所有者間において、協議が整っている場合において実施するものとする。【補助内容 各地域年間 上限100万円】

伐採依頼書・承認書

届出関係

森林の土地の所有者届出制度について

森林は、木材などを供給したり、土砂崩れなどの災害を防いだりと、私たちの生活にとって欠かせない様々な機能(多面的機能)をもっています。この多面的機能が十分に発揮されるためには、造林や間伐などの森林の整備や保全が必要です。そこで、森林の土地の所有者を把握し、森林の整備や保全を推進するため、平成24年4月から森林法改正の施行により、「森林の土地の所有者届出制度」がスタートしました。同年4月1日以降に新たに森林の土地の所有者となった方は、土地を取得した日から90日以内にその土地のある市町村へ届出をお願いします。

森林を伐採する時は、事前に届け出が必要です!

森林所有者等は、地域森林計画の対象となっている森林を伐採しようとする場合には、森林法第10条の8の規定により、伐採する日の30日以上90日前までに市町村に「伐採及び伐採後の造林届出書」を提出しなければなりません。

関連リンク

 

産業

黒滝村、黒滝村森林組合、飛騨産業株式会社 3者提携事業

平成28年2月に、吉野杉の安定供給、販路開拓等の事業を強化することを目的として、黒滝村及び黒滝村森林組合、飛騨産業株式会社の3者により提携事業の協定を締結した。
今後、更なる地域木材の可能性を追求し、特注物件や内装材や建築材などにも取り組み、商品の高級ブランド化等、さらなるPRを行っている。

提携事業協定書調印式

このページの内容に関するお問い合わせ先

黒滝村役場 林業建設課
〒638-0292 奈良県吉野郡黒滝村大字寺戸77番地
TEL:0747-62-2031 FAX:0747-62-2569
お問い合わせフォーム